総会シーズンたけなわです。
https://www.facebook.com/koichi.morita3

盟友逝く  合掌

12985540_1030694793691970_6810333946829375657_n.jpg  12985568_1030694803691969_4061839337615992959_n.jpg  12990941_1030694823691967_676704715758781372_n.jpg

12994525_1030694833691966_3781221343899020600_n.jpg  12998496_1030694873691962_6470601598199370437_n.jpg  13007247_1030694853691964_7498621627190649463_n.jpg

享年60歳でした。長名氏は平成15年に私が埼玉県議会議員に初当選して以来、私の政策作成や広報宣伝活動、インターネットやによる政治活動、また市内でおこなわれる様々なイベントへの支援についての助言などをしていただきました。また、絵画については類まれな才能の持ち主で、都内で個展を開催するほどの実力者として海外からの評価も得ていました。あまりにも唐突で早すぎるお別れに言葉もありません。

私の執務室には、いただいた3点の作品が掲げてあります。長名さん、ありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします。

「ひき元気アップまつり」が開催されました!

3月12日、「ひき元気アップまつりin高坂」が関越自動車道高坂SAで開催されました。
比企地域の特産品やゆるキャラが高坂サービスエリアに大集合し、各ブースでは1,000円以上お買い上げいただいた方に抽選券をお渡し、比企地域の特産品などが景品として来場者の皆さんに当たりました。また、比企地域のゆるキャラたちがダンスを披露したりして、会場は大いに盛り上がりました。

IMG_9384.jpg IMG_9386.jpg IMG_9395.jpg IMG_9399.jpg IMG_9413.jpg IMG_9414.jpg IMG_9415.jpg IMG_9416.jpg IMG_9417.jpg IMG_9420.jpg IMG_9424.jpg IMG_9425.jpg IMG_9427.jpg IMG_9429.jpg IMG_9431.jpg

私の平成23年3月11日~20日の記録(ブログ投稿記事)

「あの日を決して忘れない」・・・あれからもう5年の年月が過ぎ去りました。尊い命を奪われた皆様のご冥福を心よりお祈りいたします。また、今なお癒えることのない悲しみの中で、復興に向けて懸命に頑張っていただいている被災された皆様に心からのお見舞いと、励ましの言葉を送らせていただきます。私達はこれからも末永く皆様を支援し続けることをお誓いいたします。

平成23年3月11日~20日までのブログ投稿記事

未曾有の大地震に冷静な対応を(3・11)

本日、宮城県、福島県や茨城県などの地域が、国内最大規模の地震に見舞われ、大津波も含め甚大な被害が発生しました。被災された地域の皆様には心よりお見舞いを申し上げます。今後も余震や津波などによる被害も予想されますので、関係地域の皆様の冷静な対応を願っています。

東松山市でも震度5強を観測しました。揺れが収まった直後に、私を本部長とする災害対策本部を設置し、直ちに各部署ごとに被害等の情報収集に当たらせました。1時間後の午後4時再び会議を再開し、学校や市内の公共施設の被害状況の報告を受けました。

大きな揺れにもかかわらず、人的被害の報告はなく、まずはほっとしました。しかし、公共施設には軽微ですが被害の報告があり、施設利用上の安全が確認できるまで、ひとまず明日、明後日はすべての公共施設利用を中止しました。様々な行事を計画されていた皆様にはご理解とご協力をお願いいたします。

市職員には退庁後も全員自宅待機を命じました。明日、明後日は引き続き市内の被害状況調査をおこないます。市役所の業務も一部施設に被害が発生しており、14日の月曜日に多少支障が出ると思われます。市民の皆さんにはご協力ご理解をお願いします。なお、詳細は市役所に電話でご確認ください。

国民一丸となって国難を乗り越えよう(3・12)

「東日本大震災」は時間が経過するつれて、その甚大な被害状況にただただ驚くばかりです。多くの命が傷つき、失われたことはまさに痛恨の極みであり、言葉もありません。亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。また、被災されたすべての皆様にお見舞いを申し上げます。

わが国は、あの阪神淡路大震災、そして中越地震の悲劇を経験しました。そして、私たちは度重なる大地震の惨禍から、悲しみを乗り越え国民一丸となって復興に取り組んできました。肉親を亡くされた方にとっては、決して癒されることのない年月であったでしょう。しかし、今目前で起こっている現実に感傷的になっている場合ではありません。

今後は福島原発の動向を含め、刻々と変化する被災地の状況に応じて、私達も行動すべきであり、身勝手な言動は厳に慎むべきです。当面、情報収集をおこないながら、有効な支援策を考えることが必要であり、私たち自身の危機管理能力が問われることになります。

今、国内はもとより世界50カ国にも上る国々から救援の申し出もあります。今こそ、この国難を国民一丸となって克服しなければなりません。政府は、当面、今すぐに取り組むべき対応策を明確にすべきです。人命救助はもとより、被災され避難生活を強いられている多くの人々への支援、、二次災害への対応などを迅速におこなって欲しいものです。

広域に及ぶ激甚災害に国家非常事態宣言を!(3・13)

今日もさらに被害の拡大が報じらる中、救援救助活動に従事する関係者に心より敬意と感謝を申し上げます。報道では、ライフラインの電気、水道、ガス等の供給、また多くの避難者への救援物資の供給も不足しているようです。二次災害の発生も懸念され、政府は一刻も早くライフラインの復旧、補給路の確保と救援物資の供給に全力で取り組んでください。また国家非常事態宣言をおこない、開会中の国会などの機能を一時休止するべきです。予算は、30日ルールで成立します。

東松山市では、地震発生直後に緊急災害対策本部を設置し、情報収集と被害に対する対策を講じました。地震発生の11日夜、21時過ぎには東松山駅及び高坂駅に待機している帰宅困難者に対して、公共施設を開放しました。松山活動センターには24名、高坂図書館には53名の帰宅困難者を収容し毛布を配布しました。そして翌朝には全員無事帰宅いただきました。

また、市内の道路の落下物などによる危険個所には、バリケードなどの安全対策をおこない、公共施設の被害状況の調査と対策の検討をおこないました。水道管の漏水や破損個所は速やかに水道部により確認、補修をおこない、市民生活に支障はありませんでした。

さらに、住宅被害で最も多かった屋根瓦が落下したケースでは、埼玉県よりブルーシート1、000枚を調達し、市内自治会に設置された約100団体の自主防災組織を通じて希望者に800枚以上を配布しました。明日夜は予報では雨になりそうです。被害にあったご家庭では有効に活用してください。

今後、最も大きな問題は電力不足です。原子力発電所の相次ぐ停止と事故で、明日から私たちの地域も電力の供給ができなくなりそうです。地域単位の輪番制で、9時から22時までの間、3時間程度停電になる可能性があります。今後の情報に注意する必要があります。市としても出来るだけ早急に情報をお伝えします。もちろん、私達も今までには無いレベルで節電に努めなければなりません。ご協力をお願いします。明日朝8時より災害対策本部会議を開催し、詰めをおこないます。

菅総理の国民へのメッセージに失望(3・14)

昨夜、今回の東日本大震災に際し、菅首相が官邸から国民に呼びかけをおこないました。しかし、その内容に心を打つものなど無く、総理の必死の形相と、やたらに長い修飾語満載のメッセージに、呆れるより悲しくなりました。総理のメッセージは本来まず、国民の不安を解消し、勇気づけるものでなければならないにも関わらず、救援隊を頼んでいる、自衛隊は10万人、医療チームも、物資の輸送も検討している・・・

原発事故は官房長官、計画停電は経済産業大臣・・・もっと簡潔に国民を、そして被災者を勇気づけ、具体的かつ簡潔な解決策、そして何より、国民へのメッセージとして、被災者の心情に思いを致し、日々節電や我慢して欲しいことを述べるべきでした。その上、最後には次のように述べました。

「私は今回の地震、そして津波、そして原発の今の状況など、戦後65年間経過した中で、ある意味で、この間で最も厳しい危機だと考えております。果たして、この危機を私たち日本人が乗り越えていくことができるかどうか。それが一人ひとり、すべての日本人に問われていると、このように思います。
 私たち日本人は過去においても厳しい状況を乗り越えて、今日の平和で繁栄した社会を作り上げてまいりました。今回のこの大地震と津波に対しても、私は必ずや国民の皆さんが力をあわせることで、この危機を乗り越えていくことができる。このように確信をいたしております。
 どうか、お一人おひとり、そうした覚悟をもって、そして、しっかりと家族、友人、地域の絆を深めながら、この危機を乗り越え、そしてよりよい日本を改めて作り上げようではありませんか。そのことを心から全国民の皆さんにお訴えをし、私の皆さんへのお願いとさせていただきます。どうか、よろしくお願いします。」

菅総理!あなたの決意は?あなたが率いる政府は一体被災された人々に何をしていただけるのですか?危機を乗り越えるのに国民が協力するのは当たり前、わが国の歴史が証明しています。菅総理、今こそあなたが何をするかが問われているのです。国民に覚悟を呼び掛けてどうしろというのですか。覚悟するのはあなたでしょう菅総理。80歳になる私の父も怒っていました。

私は希望します。菅総理!あなたがわが国3軍の総指揮官であるなら、直ちに被災地に乗り込み、陣頭指揮で10万の兵の指揮官として事態に当たるべきです。その覚悟を見せてください。

メディアに一言・・・いつまでも毎日毎日同じ悲惨な映像をたれ流すことと、被災された人々への心なきリポーターのくだらない取材を辞めてください。国民に知らせるべき重要な情報に絞り、それ以外の空いた時間は、美しい日本の四季の映像とモーツアルトのアイネ・クライネ・ナハトムジーク~第二楽章~を流してください。

                     

心動かす「ACジャパン」のキャンペーン(3・15)

「東日本大震災」への支援というべきテレビCMが今、私達の心を動かします。(社)ACジャパン(旧 公共広告機構)は、社会と公共の福祉に貢献することを目的として、多くの企業・団体の支援により、公的資金をいっさい受けず、約1200社の企業・団体を会員会社とし、その会員会社の会費で運営されています。

会員会社から延べ300人近い人が、企業の社会貢献活動の一環としてボランティアで参加しているそうです。また、一般の方からも賛助会員を募り、広告作品や活動への評価・ご意見をいただいています。今や、ACジャパンの活動は、広告のもつ強力な伝達力や説得機能を生かし社会・公共のためになる「公共広告」を制作し、全国でキャンペーン展開して、その作品は毎年、広告賞を受賞するなど、国内外で高く評価されています。
                     
思いやりの気持ち
「見える気持ちに。」
(ACジャパンHPより転載)

このCMをご存じですか?

「こころ」はだれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える
「思い」は見えないけれど
「思いやり」はだれにでも見える

あたたかい「こころ」も、やさしい「思い」も
おこないになって、はじめて見える。
その気持ちを「カタチ」に。

このCMは、埼玉県羽生市出身で、県立不動岡高等学校の教師だった、宮澤章二氏の「行為の意味・青春前期のきみたちに」から引用されています。宮澤先生の作詞した学校の校歌は小・中・高校など300校にも及びます。
クリスマスソング「ジングルベル」の作詞で有名ですね。そのほか童謡「犬のおまわりさん」や「サッちゃん」などもあります。そして平成17年に亡くなるまで30年間埼玉県の中学生のために、一遍の詩を贈り続けました。

今日は市内の中学校の卒業式でした。お祝いの言葉と共に、大震災で辛く悲しい日々を送っている被災地の中学生に思いをいたし、「思いをかたちに」にという言葉を贈り、自ら出来る支援をお願いしました。

<行為の意味>
         宮澤章二
    
-あなたの〈こころ〉はどんな形ですか
と ひとに聞かれても答えようがない
自分にも他人にも〈こころ〉は見えない
けれど ほんとうに見えないのであろうか

確かに〈こころ〉はだれにも見えない
けれど〈こころづかい〉は見えるのだ
それは 人に対する積極的な行為だから

同じように胸の中の〈思い〉は見えない
けれど〈思いやり〉はだれにでも見える
それも人に対する積極的な行為なのだから

あたたかい心が あたたかい行為になり
やさしい思いが やさしい行為になるとき
〈心〉も〈思い〉も初めて美しく生きる
-それは 人が人として生きることだ

気になる放射線量と対策(3・16)

福島第一原子力発電所の相次ぐ事故による放射性物質の漏えいと拡散が現実の問題となり、原発付近に暮らす人々はもとより、関東地方への影響も懸念される事態になりました。事故発生当初に比べると、事故状況の報告は早い段階で公表されるようになりました。しかし、どちらかというと、楽観的な見解が多いように思えます。

危機管理は、最悪の事態を想定することが必要であり、今回の場合は、いずれも多くの犠牲者を出した、1979年に起きた、スリーマイル島原発事故や1986年のチェルノブイリ原発事故の例を踏まえ、事故の状況把握を的確におこない、今後発生するであろうリスクを見極める必要があります。

「東日本大震災」で被災し、心身ともに打ちのめされ、混乱の真っただ中にいる人々に、追い打ちをかけるような原発事故。政府や原発関係者は、人々の大きな不安を少しでも和らげるための的確かつ迅速な情報提供をおこなうことが必要です。今後の対応に期待しています。

放射性物質の拡散に関する不安を少しでも解消するため、埼玉県では下記の通り情報提供をおこなっています。市としてはなかなか対応が難しい内容ですので、県の放射性物質に関する健康相談窓口にご連絡ください。今こそ、国民の冷静な対応を願っています。

原発事故に係る健康相談窓口を3月14日(月曜日)11時に開設しました。

【対  象】  「福島原子力発電所にかかる避難対象地区」にいて、その後本県に避難され健康に不安がある方。

*避難対象地区:福島第1原子力発電所から半径20キロメートル以内の地区及び福島第2原子力発電所から 半径10キロメートル以内の地区です。

【問い合わせ先】(電話番号) 048(830)3229又は048(830)3355 埼玉県保健医療部内   (時   間) 平日の8時30分から17時15分まで

また、県内の放射線量測定値及び、全国の測定値や放射線に関する知識などは、埼玉県や放射線医学総合研究所のホームページをご覧ください。

日本人として今、私たちがなすべきこと(3・18)

Orderly disaster reaction in line with deep cultural roots
              (災害時でも秩序ある列を作る文化的なルーツ)
大災害時でも秩序を守ってコンビニに列を作る日本人の写真が米メディアCNNに掲載され、称賛されました。CNNが伝えた日本の文化です。この記事の最後にはこんな言葉が・・・
Will this social attitude help Japan recover from this disaster? "In a word, yes."
(この秩序ある態度は、日本がこの災害から復興する助けになるでしょうか? 「一言で言えば、はい。」)

皮肉にも日本人を正しく評価しているのが海外メディアであるとは・・・今、私たちにできることを考えます。被災地以外の地域の人々は、今や毎日メディアが流す悲惨な状況と悲しい別れを見ては、自分たちも、もしかしたらそうなるかもしれないという強迫観念から、ガソリンスタンドに長蛇の列をなし、トイレットペーパーを買いまくっています。サブリミナル効果でしょう。

メディアは取り上げませんが、私たちが忘れてはいけないのは、被災地で不眠不休で救出作業に当たっている自衛官、消防官、警察官、行政関係者、さらに原発事故現場で、自らの命を顧みず国民を救うという崇高な一念を持って消火活動に当たる人々の存在です。私たちはこうした尽忠報国の士に対して深甚なる敬意と感謝の気持ち捧げなければなりません。

日本人として今、私たちがなすべきことは、被災地の人々に思いをいたし、募金や物資の提供をおこない、浮足立たず落ち着いて、秩序ある普段通りの暮らしをすることです。そして今こそ日本民族は、日本を救う「Japan deep cultural roots」 を思い知るべきだと・・・


東松山市の支援活動を本格化(3・19)

「東日本大震災」発生から一週間が経過しました。被災地に対する具体的支援については、秩序だっておこなえると思っていましたが、待てど暮らせど国や県から指示はありません。本日から、東松山市としても救援物資の受け入れや被災者への避難所や住まいの提供を始めました。

救援物資の受け付けは下記のサイトでご確認の上、お願いいたします。
なお、市民の皆様の貴重なお志ですので、有効に使わせていただく都合で、受け入れ品目等の制限や数量などについて、疑問等がある場合は、お問い合わせをしてから物資の搬入をお願いいたします。
http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/conveni/living/bousai/gienkin.htm
一時避難所については、総合福祉センターが定員になり次第、松山市民活動センターに25名分の和室を準備しています。被災者の避難は今後増加すると考えられます。さいたまスーパーアリーナには福島県双葉町の町役場機能を含め、町民約2000人が避難することを決めました。自治体ぐるみの県外避難を決めたのは初めてです。

さいたまスーパーアリーナでは3月31日までに5000人の受け入れを予定しています。さいたま市などの県内の自治体もそれぞれ被災者の受け入れ施設を準備しています。原発事故の一刻も早い終息を願って止みません。

比企広域消防本部からも震災発生直後に6名の隊員と消防ポンプ車1台、救急車1台が救援に向かっています。本日第3班目に当たる隊員6名が交代するために被災地に向かいました。比企広域消防の活躍に期待しています。頑張ってください。本日は何故か「計画停電」が計画的に中止され、少しホットしています。

明日は「春分の日」です(3・20)

「春分の日」は国民の祝日として「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」と定められています。今年は、この定めが何か恨めしくも思えます。神が与えし試練にしては、あまりにも失ったものがおおきすぎます。明日はお彼岸の中日です。「春分の日」の真西に沈む太陽は極楽の東門に入ると伝えられています。

この日、太陽を拝み故人の霊を供養すると、迷わず極楽浄土に成仏できるといわれています。明日はご先祖様に、このたびの災禍の訳をお聞きしたいと思います。そして明日、極楽の東門にどんなに長い列ができても、仏様に最後の一人まで必ず成仏できるよう、御導きをお願いします。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、もうすぐ寒さも峠を越して春の足音はすぐそこまで来ています。被災地のすべての皆様に一日も早く春が訪れるよう願って止みません。

長文すが、最後までお読みいただきありがとうございました。

県立松山女子高校書道展・書道パフォーマンスに感動!

IMG_8867.jpg IMG_8871.jpg IMG_8873.jpg IMG_8877.jpg IMG_8878.jpg IMG_8896.jpg IMG_8900.jpg IMG_8888.jpg IMG_8909.jpg IMG_8914.jpg IMG_8915.jpg IMG_8919.jpg IMG_8929.jpg IMG_8934.jpg IMG_8935.jpg IMG_8947.jpg IMG_8954.jpg IMG_8935.jpg IMG_8940.jpg

今年も県立松山女子高校書道部の書道展と書道パフォーマンスが開催されました。書道展にはかな文字、漢字などの様々な作品が展示されていて、いずれもその美しさに圧倒されました。先日開通した「県道岩殿観音南戸森線」の陸橋の橋名板に「たかさかえきみなみりっきょう」という素晴らしい揮毫もいただきました。

書道パフォーマンスは、何度見ても感動!感動!の嵐です。音楽に合わせて華麗に踊りながら見事な文字を書いていきます。東松山市の観光大使もお願いしてあり、これからも書道部員のはつらつとした若さあふれるパフォーマンスと輝く笑顔で東松山市を大いに売り込んで欲しいと思います。私は、松女書道部を全力で応援いたします!
プロフィール

Author:森田光一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR